豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大麻」と「痲藥」は別

大麻について2分12秒~5分43秒

http://youtu.be/PmMvSSMioD4?t=2m12s

『漢字源』を引いたら、「麻」には「みことのり」といふ意味がありました。シナの唐代で勅命を麻ですいた紙に書いたのが由來ださうです。

そして『大日本語國語辭典』によると、「大麻」は「ぬさ(幣)の尊稱。おほぬさ。」とあり、「痲藥」(麻藥)といふ意味はありません。「幣」は「神に祈るに奉る物。」との事です。
なほ、「麻」の正字は 麻の正字 です。

(出力できないので畫像です。ここでは俗字の「麻」を使ひますが正字のつもりです。「尊」、「祈」、「幣」も正字ではありません。)

武田邦彦氏の著書『大麻ヒステリー』によると戰前は、「麻藥」は「痲藥」と書き、「麻」と「痲」を書き分けてゐたやうです。「痲」は「しびれる」の意。

ただ、『大日本語國語辭典』の「痺藥」の説明では「麻藥」ともあります。痲藥の項目では痲藥。

そこで「漢字源」を再び見ると、「麻」には「こすったあとのように感覚がなくなったさま。」と云ふ意味もありました。「麻」の解字は「あさの茎を水につけてふやかし、こすって纖維をはぎとり、さらにこすってしなやかにする」といふ事なので、さうなつたのでせう。

從つて、必ずしも「麻藥」でも間違ひではなささうですが、混亂をなくすためにも書き分けた方が良いと思ひます。

ちなみに、「广」は屋根を表します(例:廳 府 庭 )。「疒」は、人が寢臺(牀(ショウ))の上に寢てゐる樣を示し、「病氣」の意味があります。



以下は『大日本語國語辭典』から

大麻(あさ)           大麻(たいま)         幣(ぬさ)
麻 大麻 幣

痲藥(まやく)         痺藥(しびれぐすり)
痲藥 痺藥

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。