豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六月の異稱

青水無月(あをみなづき)
彌涼暮月(いすずくれづき)
風待月(かぜまちづき)
季夏(きか)
火月(くゎげつ)
涼暮月(すずくれづき)
焦月(せうげつ)
蝉羽月(せみのはづき)
田草月(たぐさづき)
旦月(たんげつ)
長夏(ちゃうか)
常夏月(とこなつづき)
夏越月(なごしのつき)
鳴神月(なるかみづき)
林鐘(はやしのかね)
晩夏(ばんか)
松風月(まつかぜづき)
水涸月(みづかれづき)
水無月(みなづき)
林鐘(りんしょう)



現代語から古語を引く辞典現代語から古語を引く辞典
(2007/04)
金田一 春彦

商品詳細を見る


※「くゎげつ(火月)」は、他にも色々と辭書を見ましたが
これにしか載つてをりませんでした。


<關聯>

青少年のための連載講座【祭祀の道】編 第六回 太陰太陽暦と祭祀
http://kokutaigoji.com/suggest/sg_saishi_h220130.html

日本古来の太陰太陽暦
http://www3.plala.or.jp/Garten/kyureki/

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。