豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占領憲法無效論は常識中の常識

私は「法の支配」(法治主義)は、常識でなければならないと思ひますが、今の日本は残念ながらさうはなつてゐないと思ひます。

占領憲法は「国民主権」(人治主義)を謳つてゐますので、さういふ意味では「法の支配」が一般常識ではないのは當り前かもしれません。

しかし、少なくともいはゆる保守派たちの間では常識かと思ひきや、彼らの間でも常識ではないやうです。「法の支配」を知らないで保守派とは一體どういふ事なのか。

さらに理解に苦しむのは、「法の支配」を理解しながら、占領憲法の無效論にならない人がゐる事です。私には訣が分りません。


「法の支配」は云はば、法の遵守に過ぎません。法(帝國憲法)を遵守すれば、占領憲法は當然に無效です。

法を遵守しなければならないのは、小學生にも分る常識中の常識です。また、時代や國が違つても通用する考へのはずです。なぜなら、法を遵守するに過ぎないからです。

從つて、占領憲法無效論は、老若男女、古今東西、理解されるはずの論理であり、裏を返せば、いかに今の日本が異常なのかが分ります。



中川八洋氏と憲法無効論
日本国憲法改正という、「保守派」における「シャバ人間主義」

すべては國體の下に

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。