豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在も我々を護ってくださっている先人たち

新無効論は採りえないと言う人がいますが、それは新無効論を理解していないと思われます。新無効論は、現況からの「変更」を言っているのではなく、現況の「解説」をしているのです。

つまり、既にそうなっている事を説明しているだけで、それを国家意思として確認(無効宣言)しましょうと言っているだけです。

占領憲法は憲法として無効です(帝国憲法75条違反など)。しかし、講和条約としてなら認められます。それも「憲法に根拠のある講和条約」としてです(帝国憲法13条、同法76条1項)。

簡単に言えば、「憲法に違反してるから無効、憲法に根拠があるから講和条約」という事です。

これは「無効規範の転換」というものです。ある規範に於ては無効であるものを別の規範で有効となることをいいます。

そして、「無効」というのは元から無効で、「転換」というのは当事者の意思を必要とせずに起こる法的な事件です。従って、いくら泣こうが喚こうが、そういう意味では新無効論は既に実現しています。それを我々が後追いで認めようということです。

新無効論がそうなっているという事は、言い換えれば、帝国憲法がそうなっているという事です。つまり、私たちは今でもちゃんと先人たちに護られているのです。


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。