豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!そして、ごめんなさい!

思えば、我々の祖父母は帝国憲法のもとで実際に過ごしていました。

そして、特攻隊員は国を護るために散りましたが、その時の憲法は当然に帝国憲法です。もちろん、隊員は憲法を護るためとは意識してなかったと思いますが、「国を護る」ということに、結果的に憲法も含まれるはずです。

いや、憲法は国の体質のこと、すなわち國體なのですから、そういった意味ではまさに憲法(國體)のために隊員は散ったとも言えます。

我々はそろそろいい加減に帝国憲法のもとに帰るべきです。帰りが遅くなって、ご先祖様に叱られるかもしれませんが、ご祖先様は待っています。

日本人は、どこかの外国人のおじさんに飴玉をもらって喜んで、虫歯になって肥満になって、病気になって、飼いならされて、もはや家に帰る力さえなくなってしまったのか。

占領憲法の無効宣言は、ご先祖様に対する「ただいま」の挨拶であると同時に「申し訳ありませんでした」の謝罪ともいえるでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃん、ただいま!そして、ごめんなさい!



安全に迷わず家路につける本

占領憲法の正體占領憲法の正體
(2009/04/03)
南出 喜久治

商品詳細を見る


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。