豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島由紀夫の檄文を載せようと思ったら、原文と違うのがチラホラ ※追記あり

12626962370001.jpg


今日(11月25日)は三島由紀夫が自衛隊の市ヶ谷駐屯地で自決してちょうど40年なので、三島がそこでバラ撒いた「檄文」をコピペして掲載しようと検索していたら、気が付いた事がある。

こちら↓に檄文のコピー画像(以下、単に「画像」という)があり、
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-e950.html

これは本物をコピーしたものだと思うのだが、だとすると、そこのブログでもそうだが、いくつかのブログなどで檄文を載せている文が原文と所々違っているのである。

例えば、画像では「われわれは今や自衛隊にのみ、眞の日本、眞の日本人、眞の武士の魂が残されてゐるのを夢みた。」(見にくいが2段落目の5行目の下の方)となっているのだが、上のブログで掲載されている文では「われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されゐるのを見た。」(掲載文では段落が加えられ3段落目の頭)と書かれている。

「夢みた」と「見た」では意味が全く違くないか??

他に、読みやすくするためではあろうが、別のブログなどでも、正字がいわゆる新字になっていたり、正統かな遣いではなかったり、段落を加えたりする等があるが、そういった事自体は意味が変わらないので(厳密に言えば変わるが)、それらはまだいいかもしれない。

しかし、意味が全く変わってしまうこと、原文を明らかにいじってしまっているのは問題ではないか?おそらく意図的ではなく、どこかからコピペしただけだろうと思うが。

そして、大きく違う点は他にもあって、原文では「国民として微力の限りを盡くすこと以上に大いなる責務はない。」(画像2段落目の最後(3段落目の「四年前~」のすぐ前の文))となっている文が、「国民として微力の限りを尽すこと以上に大いなる責務はない、と信じた。」 (上のブログでは5段落目の最後)となってしまっている。

原文にはないのに、語尾に「、と信じた」が付け足されている。これは上のブログだけではなく他のところでもそうだった。

例 http://www.geocities.jp/kyoketu/61052.html (4段落目の最後)
   http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/dazai/mishima.html (3段落目の最後)

恐らく他にも大きく違うところがあると思うが、ともかく安易なコピペはダメ、原文に当たることは重要であることが改めて分かった。原文を見ていなければ、原文と違うことを知らないままであった。

↓自分も以前、原文と違うものをコピペしてそのまま載せてしまっています(反省)
http://takato112.blog80.fc2.com/blog-entry-41.html (現在非公開設定中)
後日修正するか、削除して新たにアップしようと思います。


【追記】

別の「原文」を見つけました。
http://tonogodz.blog70.fc2.com/blog-entry-459.html

こちらでは、上記で書いた「~を見た。」の部分は、原文の通りです。
「、と信じた」の部分もこちらでは原文の通りとなります。

ん~、原文が二つあるってことかな??

先に挙げた手書きのものの方が原文らしさがあると思うけど、こちらの手書きではない方の原文は清書したものってことかな?

前者の原文は「銘記せよ!実はこの昭和四十五年十月二十一日といふ日は、~」の「昭和四十五年」のところは「昭和四十四年」の書き間違いだと思われるが、そこを後者の原文では「銘記せよ!実はこの昭和四十四年十月二十一日といふ日は、~」となっている。このことからして清書の可能性が高いか。

だとすると、上で挙げたこちらに掲載されている檄文は、
http://www.geocities.jp/kyoketu/61052.html
前者の原文(「~を夢みた」)と、後者の原文(「、と信じた」)が混ざっていることになる。

こちらも上で挙げたものだが、こちらの檄文に至っては、
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/dazai/mishima.html
前者の原文(「~を夢みた」)→後者の原文(「、と信じた」)→前者の原文(「昭和四十五年」)となっている。

手書きの原文のあるブログでは、この点で見る限りでは、画像は前者の原文、文章では後者の原文を掲載しているということになる。
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-e950.html

もちろん、それぞれ全てを確認したわけではないので、さらに何かあるのではないかと思われる。何か分かったらまた追記なり記事にしたいと思います。(最初全然違うこと書こうと思ってたのにw)


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。