豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民は売国政権、民主は外国政権 ⇒ 原因は外国製憲法

先日、自民党政権は「売国政権」で、民主党政権は「外国政権」だというのを聞いて、なるほどなと思ったが、そのような政権が誕生する原因はやはり「日本国憲法」であろう。

「日本国憲法」は外国製なのだから、それを憲法としている日本に外国政権が誕生するのは、むしろ当たり前である。外国人に参政権を与えようとするのも、日本が日本でなくなっていくのも当たり前である。

これらの原因をほったらかして現象面ばかりを追うのは、終わりのないモグラ叩きである。原因を正さなければ、そのうち疲弊して倒れるのは明らかである。

原因からわざと目を背けさせている「保守派」が私はいると思う。左翼勢力や外国政府からすれば、そういう「保守派」を保守派の中に紛れさせると思うからである。

もちろん、これは単なる推測にすぎないし、自覚がなく結果的にそうなってる「保守派」もいるだろう。また、現象面は現象面でそれなりに対処しないわけにはいかないだろう。

しかし、原因をほっとくな。原因にこそ力を注ぐのは問題解決の根本であり、原因を正さなければ問題は解決しない。


(1/2) 真正護憲論解説/弁護士 南出喜久治


(2/2) 真正護憲論解説/弁護士 南出喜久治



大日本帝国憲法現存論講義 弁護士 南出喜久治 H19.12.15
大日本帝国憲法現存論(質疑応答編) 南出喜久治 H19.12.15


日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ
(2007/04/19)
渡部 昇一; 南出 喜久治

商品詳細を見る



占領憲法の正體占領憲法の正體
(2009/04/03)
南出 喜久治

商品詳細を見る


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。