豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国憲法を読んでみよう⑥ 条文(第三章)

御告文
憲法発布勅語
帝国憲法上諭
条文(第一章)
条文(第二章)

に続き今回は第三章です。




 第三章  帝國議會

第三十三條 帝國議會ハ貴族院衆議院ノ兩院ヲ以テ成立ス

第三十四條 貴族院ハ貴族院令ノ定ムル所ニ依リ皇族華族及勅任セラレタル議員ヲ以テ組織ス

第三十五條 衆議院ハ選擧法ノ定ムル所ニ依リ公選セラレタル議員ヲ以テ組織ス

第三十六條 何人モ同時ニ兩議院ノ議員タルコトヲ得ス

第三十七條 凡テ法律ハ帝國議會ノ協賛ヲ經ルヲ要ス

第三十八條 兩議院ハ政府ノ提出スル法律案ヲ議決シ及各〃法律案ヲ提出スルコトヲ得

第三十九條 兩議院ノ一ニ於テ否決シタル法律案ハ同會期中ニ於テ再ヒ提出スルコトヲ得ス

第四十條 両議院ハ法律又ハ其ノ他ノ事件ニ付キ各〃其ノ意見ヲ政府ニ建議スルコトヲ得但シ其ノ採納ヲ得サルモノハ同會期中ニ於テ再ヒ建議スルコトヲ得ス

第四十一條 帝國議會ハ毎年之ヲ召集ス

第四十二條 帝國議會ハ三箇月ヲ以テ會期トス必要アル場合ニ於テハ勅命ヲ以テ之ヲ延長スルコトアルヘシ

第四十三條 臨時緊急ノ必要アル場合ニ於イテ常會ノ外臨時會ヲ召集スヘシ
 臨時會ノ會期ヲ定ムルハ勅命ニ依ル

第四十四條 帝國議會ノ開會閉會會期ノ延長及停會ハ兩院同時ニ之ヲ行フヘシ
 衆議院解散ヲ命セラレタルトキハ貴族院ハ同時ニ停會セラルヘシ

第四十五條 衆議院解散ヲ命セラレタルトキハ敕命ヲ以テ新ニ議員ヲ選擧セシメ解散ノ日ヨリ五箇月以内ニ之ヲ召集スヘシ

第四十六條 兩議院ハ各〃其ノ總議員三分ノ一以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開キ議決ヲ爲ス事ヲ得ス

第四十七條 兩議院ノ議事ハ過半數ヲ以テ決ス可否同數ナルトキハ議長ノ決スル所ニ依ル

第四十八條 兩議院ノ會議ハ公開ス但シ政府ノ要求又ハ其ノ院ノ決議ニ依リ祕密會ト爲スコトヲ得

第四十九條 兩議院ハ各〃天皇ニ上奏スルコトヲ得

第五十條 兩議院ハ臣民ヨリ呈出スル請願書ヲ受クルコトヲ得

第五十一條 兩議院ハ此ノ憲法及議院法ニ掲クルモノゝ外内部ノ整理ニ必要ナル諸規則ヲ定ムルコトヲ得

第五十二條 兩議院ノ議員ハ議院ニ於テ發言シタル意見及表決ニ付院外ニ於テ責ヲ負フコトナシ但シ議員自ラ其ノ言論ヲ演説刊行筆記又ハ其ノ他ノ方法ヲ以テ公布シタルトキハ一般ノ法律ニ依リ處分セラルヘシ

第五十三條 兩議院ノ議員ハ現行犯罪又ハ内亂外患ニ關ル罪ヲ除ク外會期中其ノ院ノ許諾ナクシテ逮捕セラルゝコトナシ

第五十四條 國務大臣及政府委員ハ何時タリトモ各議院ニ出席シ及發言スルコトヲ得





読みやすくするために、漢字のいわゆる旧字をいわゆる新字に、カタカナをひらがなに、条文の2項以下を②のように付けたものを下に掲載いたします↓





 第三章  帝国議会

第三十三条 帝国議会は貴族院衆議院の両院を以て成立す

第三十四条 貴族院は貴族院令の定むる所に依り皇族華族及勅任せられたる議員を以て組織す

第三十五条 衆議院は選挙法の定むる所に依り公選せられたる議員を以て組織す

第三十六条 何人も同時に両議院の議員たることを得す

第三十七条 凡て法律は帝国議会の協賛を経るを要す

第三十八条 両議院は政府の提出する法律案を議決し及各〃法律案を提出することを得

第三十九条 両議院の一に於て否決したる法律案は同会期中に於て再ひ提出することを得す

第四十条 両議院は法律又は其の他の事件に付き各〃其の意見を政府に建議することを得但し其の採納を得さるものは同会期中に於て再ひ建議することを得す

第四十一条 帝国議会は毎年之を召集す

第四十二条 帝国議会は三箇月を以て会期とす必要ある場合に於ては勅命を以て之を延長することあるへし

第四十三条 臨時緊急の必要ある場合に於いて常会の外臨時会を召集すへし
② 臨時会の会期を定むるは勅命に依る

第四十四条 帝国議会の開会閉会会期の延長及停会は両院同時に之を行ふへし
② 衆議院解散を命せられたるときは貴族院は同時に停会せらるへし

第四十五条 衆議院解散を命せられたるときは勅命を以て新に議員を選挙せしめ解散の日より五箇月以内に之を召集すへし

第四十六条 両議院は各〃其の総議員三分の一以上出席するに非されは議事を開き議決を為す事を得す

第四十七条 両議院の議事は過半数を以て決す可否同数なるときは議長の決する所に依る

第四十八条 両議院の会議は公開す但し政府の要求又は其の院の決議に依り秘密会と為すことを得

第四十九条 両議院は各〃天皇に上奏することを得

第五十条 両議院は臣民より呈出する請願書を受くることを得

第五十一条 両議院は此の憲法及議院法に掲くるものゝ外内部の整理に必要なる諸規則を定むることを得

第五十二条 両議院の議員は議院に於て発言したる意見及表決に付院外に於て責を負ふことなし但し議員自ら其の言論を演説刊行筆記又は其の他の方法を以て公布したるときは一般の法律に依り処分せらるへし

第五十三条 両議院の議員は現行犯罪又は内乱外患に関る罪を除く外会期中其の院の許諾なくして逮捕せらるゝことなし

第五十四条 国務大臣及政府委員は何時たりとも各議院に出席し及発言することを得





帝国憲法を読んでみよう⑦ 条文(第四~五章)

帝国憲法全文
明治憲法への誤解を解く
欽定の意味

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。