豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有効論者が保守ではない理由

日本国憲法が憲法として有効だという者は、保守とはなり得ない。

なぜなら、有効論者は憲法を國體(伝統や歴史など)に基づくものとは定義できないからだ。そのように定義してしまうと、明らかに國體に反する日本国憲法は無効と言わざるを得ないからである。

したがって、有効論者は日本国憲法が有効だと考えるために、憲法は國體とは関係ないものとして定義するしかない。つまり、國體に基づかない日本国憲法を、それも國體に反する日本国憲法を憲法として守れと有効論者は言っている事になる。

そういう意味では、反日勢力が日本国憲法を守れと言うのは良く分かる。

ところが、「保守派」も日本国憲法を守れと言っている。それは改憲派のことである。改憲ということは、日本国憲法が憲法として有効だと考えるのだから、憲法を守れという事になる。なぜなら、「憲法として有効」という事は、憲法として守らなければならない効力があるという事だからである。

つまり、改憲派の保守派は「國體を護るために、國體を破壊する憲法を守れ」と、誰でも分かる矛盾を言っている事になる。しかも、守れと言いながら「9条は守らなくていい」と言う態度で、その一方で「外国人参政権は違憲」だと言う、つまり憲法のつまみ食い、一貫性のないことを言っている。

そもそも、憲法と國體は関係のないものだとする、そのような憲法観に基づいて改憲をしたところで意味がない。むしろ悪くなるだろう。

そうであるのに、改憲が日本のためになると思い込んでいるのである。

国を守れない、それどころか、国を滅ぼす憲法が憲法として有効な訳がない。ましてや、それが「占領されていた時」に「GHQの強迫」によって「作られた憲法」が、憲法として有効である訳がない。こんな事は、小学生でもおかしいと思わなければならない。

したがって、そもそも保守とか関係なく、人間なら必然的に無効論になるはずである。もちろん、単なる無効論だと法的安定性を害してしまう。しかし、真正護憲論(新無効論)ならばそういった心配がなく、なにより、國體護持に最も適っている理論である。



六法GetAttachment 編集版8-4 ver2.1


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。