豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本国家構造論』のレビュー

今更、気が付いたけど、
Amazonの『日本国家構造論―自立再生への道』のカスタマレビューが良い!

憲法無効論の最高峰、平成の大學者 南出喜久治 , 2006/9/3

By カエル - レビューをすべて見る

南出氏の憲法無効論は最高の完成度を持つ、平成日本に欠くことのできない最も重要な憲法論である。
しかもそれは、通り一遍の「学」ではない。まさしく「日本のアイデンティティ」を見定めることを目指した「國學」の系譜にあり、日本文化・文明の基本骨格を探求した「國體」学の系譜にある。
いまどき、これほど日本の歴史伝統に深く根ざした法学者は、他にはいない。まさしく不世出の大学者である。
個人的には、中川八洋先生の憲法論は保守思想の最良なものだとは思うが、日本的深さと、論理の確かさは、まさしく南出氏の方が上であろう。
真の保守思想を学ぼうと思うならば、南出氏の論考は必読としてお勧めしたい。



スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。