豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いってらっしゃーい♪」と手を振るのは何故?

ある雜學サイトにこんなんあつてなかなか良かつたので、掲載!!

========================================================

「いってらっしゃーい♪」と手を振るのは何故だろうか?

魂振り(たまふり)という儀式をご存知だろうか?
頒布(ヒレ)という薄く長い布を振り、神の魂を奮い立たせ、神を呼び寄せる儀式である。

神社で参拝するときに拍手をうったり、鈴を鳴らすのは空気を振動させて、神の力をを鼓舞させようという魂振りの変形したものである。

やがて、この魂振りは人に対してもおこなわれるようになった。

「万葉集」には恋人に袖を振る歌が残っているが、これは愛しい人の魂を引き寄せる呪い(まじない)が、袖を振ることであったようだ。

日本人が「いってらっしゃい」と手振るのも、魂振りの意味があった。昔の人はでかける人に手や袖を振ることで、神霊をよびその加護によって安全に旅ができるようにと祈った。

「いってらっしゃい」と手を振るのはただの合図ではなく、魂振りと深い関係があったのだ。

==========================================================

さういへば、「さよなら」をする時にも手を振るけど同じ意味なのかな。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。