豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻井よしこさんが語る北方領土返還への道





動画2つ目の後半、

櫻井よしこさんは、北方領土の歴史のプロセスを知れば、四島返還はもちろん千島列島の話にまでいかなければならないと語る。それなのに、なぜ国民はこれを行わないのか、というような話の流れで、以下のように続けました。(*聞き取ったものを書き起こしたものなので、正確ではないところがあるかもしれません)

■櫻井氏
これはアメリカの戦後の占領政策と関わってくるんですけども、戦後の占領政策の中で、戦前の日本全部が悪かったと教えるために、やっぱり日本の悪いことばかりを教えて、本当の意味の歴史を教えなかった。それが日本の教育にも反映された。

だから、日本人は今世界一自分の国の歴史を知らない人達になってるんだと思うんですね。

自分の国の歴史を知らない人が、何で国民なんですか?
日本人の歴史を知らない人が、何で日本人なのか?


フランスの哲学者が言いましたよ。
「歴史を知らない人間は人間じゃない」と。
その例でいけば、日本の歴史を知らない人は、日本人じゃないんですね。

だから、私たちは日本人になって、本当に北方四島の歴史どうなんでしょう。尖閣諸島の歴史はどうなんでしょう。竹島どうなんでしょう。というところを勉強すればですね、自ずと世論というものは出来上がっていくという風に思います。

■勝谷氏
その通り。まだまだ日本人の心の中に火種は残っているんです。
それは櫻井さんも一生懸命に活動なさってましたけど、拉致問題の時に、日本人全体が立ち上がって国民運動になって、結局、北朝鮮は動かない。実はこれは悪いことではなくて、日本人の怒りが持続しているからなわけです。
あれはちゃんと物語があった。それぞれの被害者の方たちに物語があって、それをリアルにマスコミが一所懸命に伝えた。
同じことですよ。北方領土の話にしても、竹島の話にしても、やっぱそういう物語を一億人みんなが知ればですね。まだまだ日本人は立ち上がる力を持っていると思うんですね。

■宮崎氏
そうそう。先ほどフランスの哲学者のこと仰いましたが、フランスでは、物語と歴史というものは同じ言葉です。イストワールですからね。
まさに物語の中で人間というのは人間になるわけですね。

■ざこば師匠
皆、勉強しましょう!
スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。