豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝國憲法には軍部が暴走する缺陷があつたといふのは嘘

“大東亜戦争は軍部の暴走が引き起こしたという軍部暴走史観や、大日本帝國憲法には軍部の暴走を許す致命的な欠陥があったという帝國憲法暗黒史観は真っ赤なウソ”

“(軍事作戦の)計画の実施には膨大な予算が必要である。予算の承認権は帝國議会にあり、予算の編成権は内閣にある。従って予算執行の手続きの上では統帥権は内閣から独立できない。”

“軍部大臣より大蔵大臣の方が有力なのだから、内閣総理大臣が自ら大蔵大臣を兼任するか、腹心の財政通を大蔵大臣に起用すれば、大日本帝國憲法の下で、統帥権独立の原則と軍部大臣現役武官制度があっても、内閣総理大臣は予算の編成を通じて軍部を制御できる。”

【引用元】 ブログ 森羅万象の歴史家
『財務省主計局と防衛省F-3-内閣参謀本部の設立と中央官僚の綱紀粛正』
http://oncon.seesaa.net/article/299125432.html

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。