豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新嘗祭(にひなめさい)

「大日本國語辭典」

にひなめ-さい 新嘗祭 (名) 大祭の一。大嘗祭を行ふ年を除き、毎年十一月二十三日より二十四日に亙り神嘉殿にて行ふもの。當日、賢所・皇靈殿・神殿に神饌を奉らしめ、且つ神宮及び官國弊社に奉幣せしむ。皇室祭祀令第九條第十五條乃至第十七條「新嘗祭」



「広辞苑」

にいなめ-さい【新嘗祭】 ニヒ‥
 天皇が新穀を天神地祇にすすめ、また、親しくこれを食する祭儀。古くは陰暦11月の中の卯の日に行われた。近時は11月23日に行われ、祭日の一とされたが、現制ではこの日を「勤労感謝の日」として国民の祝日に加えた。天皇の即位後に初めて行うものを大嘗祭(だいじょうさい)という。にいなめまつり。しんじょうさい。〈[季]冬〉



「明鏡国語辞典」

にいなめ-さい【新嘗祭】 ニヒナメ―
 〘名〙
 宮中の行事の一つ。十一月二十三日に天皇が新穀を神々に供え、自らも食して収穫を感謝する祭事。しんじょうさい。
現在は、「勤労感謝の日」として、国民の祝日。



「百科事典マイペディア」

にいなめさい【新嘗祭】
 <しんじょうさい>とも。新穀を神にささげて収穫を感謝し,きたるべき年の豊穣を祈る祭儀。古代からあり,宮中では旧11月第2の卯の日に天皇自ら祭儀を行った。1873年以後は11月23日と定められ,戦後は多くの神社でも行われるようになった。1948年以来,勤労感謝の日として国民の祝日ともなっている。


スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。