豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【修身】 勤勉 師を敬へ 

  第十八課 勤勉

伊能忠敬は上總の人なり。十八歳にして下總佐原村なる伊能氏をつげり。伊能氏は世世酒・醬油の醸造を業とし、富有を以て聞えしかど、忠敬の家をつげし頃には家道頗る衰へゐたり。忠敬深く之を憂へ、何とぞして家產を恢復せんとて、其の好める碁・將棊を止め學問をさへさしおきて、一意專心家業に勤勉し、家法を定め儉素を旨とし、躬を以て衆を率ゐしかば、次第に家運を挽回し、其の四十歳の頃には舊に倍する資產を造るに至れり。されば關東に二回の飢饉ありし際、毎回多くの金穀を出して窮民を救ひ官より厚く賞せられたり。

 格言 精神一到何事カ成ラザラン。


  第十九課 勤勉(つづき)

忠敬久しく家業を勵みて五十歳に至りぬ。それより以後は専ら學問に從事せんとて、家を其の子に讓りて江戸に出でたり。

忠敬は深く天文・暦法好みしが、一日高橋東岡(とうこう)といふ學者を訪ひて其の説をきき、西洋暦法の精密なるに感じ、遂に東岡を師として學べり。東岡は忠敬より十九年若き人なりき。かくて東岡の門に學ぶこと數年、觀測の術に至りては同門中其の右に出づる者なき程になりぬ。

これより實地の測量に從事せんとて、五十六歳の時幕府の許可を得て蝦夷地に赴き、其の東南沿海の測量を終へ、之を圖に制して幕府に上れり。其の後幕府の命を奉じて諸方の沿海を測量し、功を以て幕府の役人に擧げられ、益々力を測地製圖の事に盡し、七十二歳に及びて日本全國の測量を終へ、それより大中小三種の地圖を製することに力を盡せり。

此の如く忠敬は七十餘歳の老齡を以てなほ東西に奔走し、風雨寒暑を冒して測量に從事し、又家にありては自ら精密なる地圖を製して毫も倦むことなかりき。


  第二十一課 師を敬へ

忠敬は七十四歳にて病を以て江戸に歿せり。忠敬の師高橋東岡は忠敬に先だちて早世せしが、忠敬歿するにのぞみ、家族に命じて、「我の今日あるは一に東岡先生の敎に由れり。先生の大恩今に至るまで忘るる能はず。我死なば必ず遺骸を先生の墓の側に埋めよ。」といへり。よりて家族は其の遺命を奉じ淺草の源空寺なる東岡お墓の側に葬りたり。


 尋常小學修身書 巻六 兒童用 明治四十四年
 引用元 「修身」全資料集成

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。