豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ音便と形容詞の「い」は正かなづかひです

正かなづかひで書く方が增えて來てゐます。それに伴つて正かなづかひの間違ひを見かける機會も增えました。正かなづかひは自分自身勉强中ですが、最近見かけるそれはイ音便と形容詞に關するものが多い印象です。

■イ音便

イ音便は、き、ぎ、し、り ( ki gi si ri )の子音が脱落して母音が殘り、イの音になる現象です。

例へば、「知らない」などの「~ない」、「解りたい」などの「~たい」、「~を書いて」など、それらの「い」は、「~なき」、「~たき」、「~を(書)きて」の「き」がイ音便( ki の k が脱落)により「い」となつたものです。

つまり、「(知ら)ない」、「(解り)たい」、「~を(書)いて」は、正かなづかひです。それらの「い」を「ひ」や「ゐ」にするのは間違ひです。

■形容詞

形容詞は「高い」「明るい」「白い」「美しい」「嬉しい」などですが、これらの「い」も「ひ」や「ゐ」にする必要はなくそのままで正かなづかひです。

(これら形容詞も「高き」などの「き」がイ音便により「高い」になつたものではないかと思ひますが、一應イ音便と項目を分けました。)

■コツは一度古めかしい言ひ方にしてみる

これは私が思つてゐる事ですが、現代かなづかいから正かなづかひに直す際に「い」のままで良いのか(イ音便なのか)判るコツは、一度古めかしい言ひ方にしてみると好いと思ひます(變化する前に戾す)。例へば、「~を聞いて」を古めかしく言へば、「~を聞きて」ですよね。

大袈裟かもしれませんが、かういふところに國語のつながり、すなはち御先祖樣との繋がりを感じられます。それにしても、正かなづかひを使つてゐなければ、イ音便と云ふものを私は知らないままだつたかもしれませんw

ちなみに、一日(ついたち)も月立(つきたち)のイ音便です。月が立つ日だから一日(ついたち)です。

■「ゐ」か「ひ」になる例

「ゐ」は基本的に居るの「居」を意味しますので、その「い」であれば「ゐ」となります。「ゐる」「ゐます」などです。そこでよくある誤解は、「ございます」を「ござゐます」としてしまふ事です。「ございます」は「ござります」のイ音便です( ri の r が脱落)。つまり、「ございます」で正かなづかひです。

「ひ」となる例は「思ひます」などハ行四段活用動詞があります。現代かなづかいで言ひ切りの語尾が「う」になる動詞がそれです。(左側が現代かなづかい、右側が正かなづかひ)
例 思う [思わ、思い、思う、思え]→ 思ふ [思は、思ひ、思ふ、思へ]
   言う [言わ、言い、言う、言え]→ 言ふ [言は、言ひ、言ふ、言へ]


歴史的仮名遣ひと音便
http://homepage1.nifty.com/~petronius/kana/onbin.html
正統かな遣ひ入門
http://takato112.blog80.fc2.com/blog-entry-861.html

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。