豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新無效論は憲法遵守論 ~舊無效論も突き詰めれば新無效論に~

 眞正護憲論(新無效論)は、憲法として無效な「日本國憲法」を帝國憲法の七十六條一項に基き講和條約に轉換する考へです。つまり、新無效論は七十六條一項の「無效規範の轉換」を使ふのがポイントです。

 舊無效論の中には、日本國憲法を「法律」と解する『法律説』がありますが、それにもその法的な根據が必要となるはずです。ですから、法律説も七十六條一項の轉換理論(憲法としては無效だけど法律としては有效)を使はざるを得ないと思ひます。

 そして、舊無效論には「日本國憲法は法律ですらなく完全に無效なのだ」と云ふものもあります。しかし、それでは法的安定性に問題がありますので、その説でも七十六條一項を使はざるを得ないでせう(七十六條一項の目的は法的安定性の確保です)。

 從つて、舊無效論も結局のところ突き詰めれば「新無效論」にならざるを得ません。

 何故わざわざ七十六條一項の轉換理論を使ふのかと云ふと、法的安定性の確保のためでもありますが、帝國憲法に書かれてあるからです。つまり、新無效論は「憲法を遵守」してゐるのです。昨今、新無效論に對してカルトだと罵る者がゐますが、憲法を遵守する事がカルトなのでせうか。


<帝國憲法 第七十六條 第一項>
法律規則命令又ハ何等ノ名稱ヲ用ヰタルニ拘ラス此ノ憲法ニ矛盾セサル現行ノ法令ハ總テ遵由ノ效力ヲ有ス

眞正護憲論は立法者の意思にも適ふ ―法律意思説と立法者意思説―

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。