豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まづは皇室典範を御皇室にお返ししませう

帝國憲法には「皇室典範ノ改正ハ帝國議會ノ議ヲ經ルヲ要セス」(74條1項)とあります。皇室典範は帝國憲法と同格の法です。

ところが、占領憲法では皇室典範が憲法よりも下の『法律』となつてしまつてゐます。從つて、時の權力により改正できる樣になつてしまつてゐます。つまり、皇室典範が御皇室から奪はれてゐるのです。

男系派にしろ女系派にしろ、皇室典範の改正を云ふ人達がゐますが、もし自分の家の家法が奪はれたら、まづ返せと思はないのでせうか?奪はれてしかも自分の居ない所で、他人にその家法をどうしようかと議論されたら氣持ち惡くないのでせうか?よりによつて皇室典範を改正しようとは何樣なのだらうか。

皇室典範は御皇室の家法です。まづは御皇室にお返ししませう。


御皇室の自治と自律 回復こそ刻下の急務 弁護士、憲法学会会員 南出 喜久治

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。