豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戀愛」と「結婚」

漢字の話です。

「戀愛」は「恋愛」の正字です。「戀」の上の部分は「絲+言」です。これは、諸説ありますが「もつれた糸を解かうとしても中々解けないこと」を意味します。そして、「心」が附くことで、「心がさまざまに亂れて思ひわび、思ひ切りがつかないこと」を意味します。

「戀」の覺え方は「糸(いと)し、糸(いと)しと言ふ心」です。

次に「結婚」の「結」です。「結」は「糸+吉」です。「吉」は入れ物にしつかりと蓋をした樣を描いた象形文字です。そして、「糸」(紐)でその入れ物を更に締めくくつてゐます。

つまり、「戀愛」をへて「結婚」といふのは、もつれた糸をほどいて、その糸で蓋をしつかりと締めて、心が落ち着くといふ事なのかもしれません。

入れ物には二人の「心」を入れて大事にするのか、逆に浮気心などを入れて出てこない樣にするのかは分かりませんが、それは、それぞれの夫婦次第だらうと思ひます。

今の字では、「恋」と「結」に「糸」が共通して使はれてゐる事が分かりませんね。


※糸の正字は「絲」ですが解り易くする爲に「糸」を使ひました。

<參考文献>
「舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて」 萩野貞樹
学研「漢字源」JIS第1~第4水準版

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。