豐葦原

明治天皇御製 世はいかに開けゆくとも古(いにしへ)の國のおきては違へざらなむ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

護

Author:護
ご訪問ありがたうございます!

※※※※必見!必讀!※※※※
≪ 動畫 ≫
眞正護憲論(新無效論)解説
①講義編 ②質疑應答編
YouTube版(講義編+質疑應答編)
明治憲法への誤解が解ける動畫

≪ 著書 ≫
「國體護持總論」 HTML版
「占領憲法の正體」

≪ 國語 ≫
簡單に覺えられる歷史的假名遣ひ
※※※※※※※※※※※※※※

當ブログは平成二十三年四月から正字正かなで書いてをります(勉強中)。ブログの仕樣などにより正字表記できない漢字は新字體となつてをります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『祓庭復憲 國體維新』4.28 國體維新あづさゆみ(梓弓)蹶起大会


http://youtu.be/TKB4FSlRKgE

「國體維新あづさゆみ(梓弓)」五大政綱(綱領)
http://ameblo.jp/sangreal333/entry-11502476251.html

あづさゆみ ときはなちたる すめいくさ にはをはらひし のりをまもらむ
(梓弓 解き放ちたる 皇軍 庭を祓ひし 憲を守らむ)

スポンサーサイト

『親の言ふ事を聞かなかつたから左翼になつた』

『八月革命説(左翼理論)は、改正限界説のせゐで出てきたのだから、改正限界説は左翼理論』と云ふ詭辯家がゐますが、これは可笑しいです。

八月革命説は改正限界を守らずに濟むために編み出されたのであつて、實質的に八月革命説は「改正無限界説」です。つまり、改正限界を守つてゐないからこその八月革命説であり、守つてゐれば出て來ない。

たとへば「子供が左翼だから親も左翼」とはなりませんよね。「親の言ふ事を聞かなかつたから左翼になつた」のです。

改正限界は法の前提です。從つて、八月革命説は、法を遵守する態度を一往示す必要があるために、改正限界を遵守するやうに展開する必要があつたに過ぎません。

しかし、改正無限界説の場合はそれすら取拂ふのだから、端から法を守る氣がありませんので、改正無限界説は八月革命説よりも酷いとなります。


【三宅博】歴史的な石原質問と安倍答弁[桜H25/2/20]

【三宅博】歴史的な石原質問と安倍答弁[桜H25/2/20]

http://youtu.be/qSDTarI1mJc

H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】

http://youtu.be/iR55oT9yp3M

菅原裕 『日本国憲法失効論』 序

日本国憲法失効論日本国憲法失効論
(2002/10)
菅原 裕

商品詳細を見る


 上記掲載本の序文です(1~5頁)。段落ごとに空白行を插入してあります。


          


 今年は終戦後十六年、占領終了後九年目に当たる。未曾有の敗戦により、虚脱状態に陥った敗戦国日本は、更に米ソ零戦の谷間に落ち込んで、その窮状は、年とともにますます悪化するばかりだ。道義は紊だれ、思想は対立し、政治の混乱はその極に達し、経済も底浅く、アメリカ次第では、神武景気も、岩戸景気も、吹っ飛んでしまう哀れさだ。

 その原因は、いったい何か。いろいろあろうが、結局は、物心ともに、自主独立が、完全にできていないことに帰すべきではなかろうか。なかんずく、法治国とか、民主主義とかいいながら、万法の基礎であり、国家組織の大本である憲法を、敵軍が我が国の崩壊を策し、占領中、武力を背景とし、日本政府に指示して、制定せしめたものを、未だそのまま放置していることが、日本国民の独立精神を傷つけ、法律制度の確立を妨げ、道徳も、教育も軽視されている根本原因ではなかろうか。

 昨年の安保騒動も、有史以来の不祥事といわれたが、元をただせば、占領憲法の矛盾から生じた憲法現象ではなかったか。すなわち安保問題自体、憲法第九条の戦争放棄に関するものであり、政府や与党が、横暴だといわれたのも、現憲法が無制限な議院内閣制をとり、僅か数十人の一派のボスにすぎない者が、いったん党の総裁になるや、国権の最高機関たる国会と、行政部とを牛耳り、両院議長の選任も、最高裁長官の指名まで、一手に握り、従来の天皇よりも強い実権を与えられているからである。したがって劣勢の野党としては、審議のひき延ばし以外に、施すべき手段はなく、そのためには、乱闘国会から、院外勢力と呼応して暴動をやるのがおちだ。それがいやなら議員をやめるほかない。

 また総評や、全学連が、集団暴動をふるったのも、彼らは基本的人権や労働権が保障されている結果、無制限な自由や、労働者の行動権があり、それらは、基本的国権に優先するものと、錯覚しているからである。現に、帝国憲法時代に教育を受けた者は、個人が国家に奉仕することについては、疑問の余地はないが、日本国憲法下に人となった今の青年たちは、自分らの基本的人権は、人間として自然に享有するものであって、何人といえども、これを奪うことはできない。いわんや自分らの公僕たる政府の役人や、国会の議員や、警察官らが、これを制限したり、妨害することは、憲法上許されないところであると、信じているのである。

 この憲法上の三十八度線は、国土の三十八度線よりも厄介で、これでは国家の統一も、民族の融和もできるはずがない。今日までの為政者たちが、この根本の憲法問題を、未解決のままに、放置しておいて、青年たちに対してだけ、末端の治安規制をまもれと叫んでも、効果は望めない。人心がうめば、青年たちの客気の向うところは、破壊勢力への顚落ではなかろうか。

 わが国民も、ここまで魂を失い、信仰も道徳も忘れ去って、国際的夢遊病者の如き放浪を続けてきた以上、この復活は容易なことではない。為政者も低姿勢なんて、のんきなことをいわずに、命がけで、良識と勇気とを振るい起こして、他国追隨の奴隷根性を一擲し、保守党なら保守党らしく、固有の伝統に従って、建設的維新に邁進すべきではあるまいか。

 その第一着手として、日本混乱の禍根たる占領軍の落とし子――偽憲法の結末をまずつけるべきである。これだけは何を措いても、大至急、かつ本格的に決行しなければならぬ。それは自民党の考えているような、占領憲法を是認して、ただ第九条その他を改正するだけで糊塗するのではなく、普遍的法理に従って、根本的に占領管理法にすぎない日本国憲法の失効を確定し、わが国固有の正統憲法の復活を宣言し、国家の礎を確立し、よってもって、静かに祖国の復興を念願している大多数の日本国民の期待にこたうべきであろう。

 立派な憲法を持っていた独立国が、いったんの敗戦で占領に陥り、その占領軍が行き過ぎて、固有の憲法を廃棄して、これに代わる組織法をつくり、憲法と僣称せしめて占領管理を行なった。そしてそれを残したまま、占領を終わって引き揚げた。この場合廃棄された固有の憲法はどうなるのか。占領管理法の結末はどうつけるべきか。これは日本はもとより、世界に類例のない憲法現象であった。日本の学者や、政治家のほとんどが、占領軍の行動を絶対的至上命令として、与えられたものを今なお金科玉条として奉戴し、それが普遍的憲法法理や、祖国の伝統に反するものであることにさえ、気がつかない。根本が確立せぬため、現在のような混乱に陥っても、真の原因がどこにあるかも反省せず、国際共産勢力の策謀だなどと、顧みて他をいってお茶を濁している。またある人は理論的には、失効―復活が当然だが、現実的にはいまさらどうにもならないじゃないかと、無智と、勇気の欠如のために、あきらめている者もいる。それでよいであろうか。そんなことで祖国の再建はできるであろうか。

 本稿は、去年六月四日、内閣の憲法調査会で口述したのと、十一月二十九日、神田学士会館で、帝国憲法実施七十周年記念会において行なった講演の筆記に、多少加筆したものである。問題は大きく、事柄は憲法の本質に関するもので、とうてい浅学菲才の私如き、殊に小冊子の尽くし得るところではない。ただ問題の所在を指摘して、大方憂国の士の御参考に供し、御検討を請うべく、あえて上梓した次第である。なお関係文献を集め、付録として御便宜に資した。

   昭和三十六年晩春

東京日比谷三信ビル八一〇号室にて    
  著  者  



新装版 日本国憲法失効論 菅原裕 国書刊行会
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/26045434.html
日本国憲法失効論 菅原裕 75条への言及
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/4766646.html
占領憲法の無効を宣言せよ 菅原裕 日本週報 第309号
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/40070076.html

荒木大将遺言―帝国憲法の復活を断行すること
http://takato112.blog80.fc2.com/blog-entry-1180.html

占領憲法は憲法としては絶對に無效

日本は惡い國だと外國人が書いたものが、なぜ日本の憲法なのだらうか

外國人が嘘を書いたものが、なぜ日本の憲法なのだらうか

外國人が英文で書いたものが、なぜ日本の憲法なのだらうか

外國人が暴力により強制したものが、なぜ日本の憲法なのだらうか

占領憲法は我國の憲法としては絶對に無效である


シリーズ「闘う都議土屋たかゆき」この国を護ろう!

シリーズ「闘う都議土屋たかゆき」この国を護ろう!VOL.1


シリーズ「闘う都議土屋たかゆき」この国を護ろう!VOL.2


平成24年10月30日・「たちあがれ日本」西村真悟インタビュー


http://youtu.be/k6Vzk1cT5Zc

喜び勇んで「石原新党」へ発展する
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=791

石原氏「私が總理大臣になつたら命懸で(占領憲法を)廢棄します」

もし私が総理になったら - 石原慎太郎 戦後日本の誤りを問う2

http://youtu.be/uDUI8FALzi4

12分22秒~
「私が假に・・・總理大臣になれたら瞬間的に命懸でこれ(占領憲法)を廢棄します。誰もそれに文句を言ふ筋合はないし、法律的な拘束はどこにもない。これが日本をダメにした主要矛盾の一つ」


【動畫前半】 もし私が総理になったら - 石原慎太郎 戦後日本の誤りを問う

 | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。